高血圧用のサプリメント

運動、食事、生活リズムと高血圧対策には様々な方法がありますが、これらと並行してサプリメントを使うという人は少なくありません。幾つかの栄養素が高血圧対策に有効だといいます。高血圧サプリメントについて知るためには、高血圧に関する全般的な知識が役に立ちます。

血圧とは、血管内を流れる血液の圧力で、心臓の収縮力や血液量などで決まります。血圧が最も低い時でも90mmHg以上、最も高い時は140mmHg以上になると、高血圧状態といいます。高血圧の原因は、喫煙、ストレス、過労、運動不足、アルコールや塩分の摂りすぎなどが上げられます。高血圧は特定の症状が起きるものではないため、高血圧と診断されても特に治療を行わず、忙しさに追われてそのまま放置しているという人もいます。

高血圧が直接的な症状を引き起こすことはなくても、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。動脈硬化の進行に伴い、脳梗塞や心筋梗塞など生命に関わる疾患が起こることもありますので、高血圧対策は欠かせません。食事の改善や生活リズムの見直しと共に、高血圧の症状を緩和する効果がある成分をサプリメントで摂取することは意味があります。ギャバ、大麦若葉、カリウム、黒酢のサプリメントは、高血圧対策に有効な効果があるといいます。高血圧の人がよく利用するサプリメントは、血圧を下げるものや血液の流れを良くするもの血管などを強くする働きのある成分が含まれています。

高血圧のサプリメントの注意事項

サプリメントで高血圧の症状を緩和するためには、一体何に気をつける必要があるものなのでしょう。サプリメントは食品として販売されているものであり、医薬品ではありません。サプリメントを摂取すれば、高血圧の治療でできて血圧が戻るというものではありません。

毎日コツコツと摂取し続けることで、サプリメントの効果を得ることができるでしょう。サプリメントを飲み続けて効果が出るかを判断するのに、1週間や2週間では短すぎます。短期間で結果を求めるような使い方は、サプリメントではできません。高血圧に適した量を少なくとも1~2ヶ月は続けてみることが大切です。

サプリメントは症状を緩和する手助けをするものであり、サプリメントに頼り切ってはいけません。サプリメントは栄養素の補給が目的であり、薬効や治療効果があるものではありません。サプリメントは薬と異なり、病気の治癒に使うものではありません。体を動かす習慣や食事の改善、原因、ストレス対策などが高血圧を和らげるための基本的な手段となります。

1週間に2回~3回のウォーキングを取りいれることで、高血圧気味の人でも症状の緩和が期待できます。高血圧を改善する為にサプリメントや薬だけに頼らず、運動を取り入れたり、減塩の食事をしたり生活習慣や食生活の見直しをしていく努力が必要になります。

高血圧用のサプリメントの種類

サプリメントによる高血圧対策を行う場合、血の流れを改善したり、血圧低下を促すなどの成分が用いられています。この他にも、高血圧のサプリメントには、血管を強く丈夫にするための成分などが配合されているようです。

塩分濃度が高くなると高血圧になりやすいため、塩分と結びついて体外への排出を促進するカリウムを配合したサプリメントは、高血圧サプリメントとしてよく活用されています。意識することで、カリウムを含む食材を多く採り入れることができます。

カリウムを意識して食事から取りいれるため、毎日の食事メニューを見直すことをおすすめします。血圧の上昇を防ぐペプチド類、高コレステロールなどの原因でどろどろになった血液をサラサラにして流れやすくするDHAやEPAがあります。コレステロールや中性脂肪の状態を調節し、血圧を正常な状態に保つ成分として紅鞠が存在しています。

体内のカルシウムやマグネシウム量が十分でなければ、血管収縮を引き起こすことがあります。高血圧の予防策を講じたいという人には様々なサプリメントが役立ちます。高血圧を引き下げたいという人は、ペプチドを摂取して血圧の低下を促すようにするといいでしょう。

最近では、様々な高血圧対策のサプリメントが販売されており、摂取できる成分も多種多様です。自分の血圧や健康状態はもちろんのこと、食習慣や運動習慣なども検討して自分の体に合ったサプリメントを選ぶようにしましょう。