サプリメントと飲み合わせ

サプリメントを摂取して健康増進や美容効果を目指す人は珍しくないようです。いくつもサプリメントを飲む人も居ますが飲み合わせという問題もあります。サプリメントの飲み合わせについても、健康雑誌や通販ショップのサイトなどでも、紹介されることが多くなりました。サプリメントの飲み合わせをうまく活用すれば、互いの効果を高めあい、より良い効果を引き出すことも可能です。お互いの栄養素のいいところを補完しあうことも可能です。ただし、サプリメントの飲み合わせで悪影響が出る場合もあります。病院で処方された薬とサプリメントを一緒に飲んだり、お茶でサプリメントを飲んだために効果を損ねる場合もあります。単なる健康増進以外の目的にも、サプリメントは利用されるようになっています。お肌や加齢による足腰の痛みや、骨、アルツハイマーなどの病気予防などにも効果があると研究機関によって報告されているサプリメントもあります。色々な目的のためにそれぞれ異なるサプリメントを摂取したことが原因で、サプリメントの作用が抑えられてしまう場合もあります。サプリメントの飲み合わせに原因があって、体に不都合な症状が発生する場合もありますので、気をつける必要があります。正しい分量と使い方でサプリメントを使うということも、サプリメントを飲む際には大事です。いつ、何度に分けて、どのくらいの量を飲むと体にいいのか、サプリメント会社が出した結論がそのサプリメントの用法であり、用量です。サプリメントを利用する時は飲み合わせや飲み方など、適切な使い方はどのようなものかを理解した上で使うことが、トラブルを防ぐポイントにもなります。

サプリメントの上手な飲み合わせ

サプリメントの飲み合わせには、ポイントなどがあるでしょうか。ビタミンは、免疫機能を向上させ風邪などに対する抵抗力をつけてくれる栄養素です。ビタミンCは知名度の高いビタミンですが、それ以外にもビタミンはあります。ビタミンB群は、疲れからの回復や引き始めの風邪に対して効果がある栄養素で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸などが存在します。ビタミンを摂取する場合は、複数の種類をサプリメントで一気に取り入れる方法が、ビタミン同士の働きを良くしてくれるために効果があると言われています。ビタミンCと飲み合わせいい栄養素としては、マグネシウムやカルシウムが挙げられるといいます。鉄の吸収にはビタミンCとマンガンなどと一緒に飲む場合があります。飲み合わせ次第でそれぞれの吸収率がアップし、体内で速やかに効果を発揮することがあると言われています。コラーゲンはお肌を美しく保つ機能があると言われていますが、飲み合わせでより効果アップがはかれます。ビタミンや鉄との併用が推奨されています。飲み合わせ効果を最初から考慮に入れて作られたサプリメントもあります。使用者がわざわざ飲み合わせを考えずとも、商品側で組み合わせてあるというものです。星の数ほどサプリメントの飲み合わせは存在します。どのサプリメントとどのサプリメントの飲み合わせがいいか知識がないという時は、販売店や製造会社に問い合わせて正しい知識を得るようにするといいでしょう。

サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを飲んでいても、風邪などを引いてしまって薬を飲まなくてはならず飲み合わせはどうなのかと思うような時もよくあります。飲み合わせが悪いと、サプリメントの作用と、薬の作用とか互いにマイナスの影響を引き出すことがあります。薬とサプリメントの飲み合わせが悪いと、期待した効果が出ないことがあります。薬の効果が不要に強化されたり、逆に弱くなってしまうなど、身体的な悪影響が出るというケースもあります。代表的な例としては血液凝固剤とビタミンKの関係で、薬の効果が抑えられることがあります。ビタミンB6はパーキンソン病の薬の代謝を促進して、効き目を弱めてしまうそうです。飲み合わせの問題に気づかずにサプリメントと薬を飲んでしまったということがないよう、サプリメントを使っているときに薬を処方された場合は薬局などで話を聞いてから適切な対応をしてください。水や白湯を使ってサプリメントを飲むと、飲み物との飲み合わせの問題が回避できます。ジュースやお茶と一緒に摂取することで、飲み合わせのトラブルが生じる場合があります。お茶の成分と栄養素が結びついてしまって吸収が弱まる等の影響があります。お茶に含まれるタンニンは鉄と結びつく性質がありますので、鉄のサプリメントをお茶で飲むと吸収が阻害されてしまいます。サプリメントや薬の摂取には、飲み合わせに問題がないことを確認してから使うことが重要です。