葉酸のサプリメントの必要量

サプリメントで人気の葉酸はビタミンB群に属する栄養素のひとつです。栄養機能食品として厚生労働省に認められています。200μgが、厚生労働省が定める一日の葉酸の摂取目安量になります。400μgを必要な摂取量として設定しているのは、妊娠を望む期間や妊娠中です。

少なくとも妊娠1ヶ月前から、妊娠が分かってからではなく葉酸を摂取するのがおすすめなのは、胎児の神経系障害のリスクを低減させることが目的の場合です。葉酸を食品から必要量とることは、三度三度の食事をきちんととっていれば決して難しいことではなく、サプリメントに頼らなくても良いといいます。

食事をきちんととることが難しい人はサプリメントの利用をおすすめします。欧米では、妊娠に関係なく将来妊娠をする可能性がある女性たちも、日頃から葉酸を摂取することが推奨されているようです。日本では一般より多めに取ることが推奨されているのは、妊婦と授乳期です。日頃から意識してサプリメントを利用して葉酸の摂取を心がけたほうがよいのは、妊娠を望んでいる方です。

サプリメントのとりすぎは体によくありませんので、注意したいのは、手軽に服用できる分過剰摂取にならないようにすることです。1日1000μgを葉酸の摂取量が超えないよう気をつけて摂取することが、サプリメントを利用する場合に大切なことです。

葉酸サプリメントの力

葉酸は水溶性のビタミンであるため調理の家庭で失われることが多いので、サプリメントでの摂取がおすすめです。葉酸は水溶性であるだけでなく、熱にも弱いため調理の段階で約50%の栄養素が壊れてしまうと言われています。加えて50%くらいしか、葉酸は体内に入っても吸収されないと言われているのです。

おすすめなのはサプリメントで、含有されている分だけ葉酸を摂取することができるといいます。赤ちゃんの成長に必要な栄養素である葉酸は、妊娠初期の細胞分裂が活発に行われる時に不可欠なものです。葉酸のサプリメントの摂取することで、効果的に神経管閉鎖障害という病気の発生を予防することができます。

他にも、葉酸には小児に発生する神経芽細胞腫の発生を抑える効果があると言われるようになってきました。妊娠初期といっても2~4週位の頃のことです。妊娠に気づかないことも多く、常日頃から葉酸を含んだ食物やサプリメントをとる必要があります。このほか葉酸の効果には、脳卒中や認知証の予防というものがあります。癌の発生を抑えることもでき、大腸がん、乳がん、すい臓がん、肺がん、子宮頸がん、直腸がんなどを予防できます。

心疾患である心筋梗塞、心臓発作や、アルツハイマーの予防などにも有効だということです。案外少なくないのが、サプリメントを利用して積極的に葉酸を摂取している人です。
 

葉酸のサプリメントの選び

葉酸は、サプリメントで補ってでも摂取したほうがいい栄養素のひとつです。最近葉酸のサプリメントの危険性が話題になっているようです。葉酸のサプリメントはどのように危険なのでしょうか。何が葉酸の危険な部分なのかは説がいくつかあります。ある研究がオーストラリアの大学でされて分かったことがあります。

生まれた子どもの喘息リスクが、30%妊娠後期に葉酸のサプリメントを摂取することで、上昇するという結果が出たのです。さらに添加物が葉酸のサプリメントに含まれている場合もあり、その危険性が指摘されているようです。ショ糖脂肪酸エステルという葉酸のサプリメントに含まれているものについて指摘されているのは、染色体異常を引き起こす可能性です。

ショ糖脂肪酸エステルは歴史のある食品添加物です。他にも多くの食品にも使用されていますのでそれほど気にすることはないでしょう。グリセリン脂肪酸エステルが、葉酸のサプリメントにはショ糖脂肪酸エステルの変わりに添加されている場合があります。

発がん性が指摘されている添加物が、グリセリン脂肪酸エステルだといいます。肝臓肥大などが、ラットの実験では発がん性以外にも分かっています。添加物にしっかり目を通すことが、葉酸のサプリメントを選ぶ際には大切なことだといえるでしょう。