犬用サプリメントの注意点

いまだ発展途上の分野だといえるのが、犬のサプリメントの分野です。これが正しいというものは、犬のサプリメントに関してはまだわかりません。ある商品によっては、誤解を与えやすいような不適切な表示や情報が出回っていることもあるそうです。

愛犬の様子を注意深く見守りながらサプリメントを与えるようにしましょう。必要なのは、サプリメントの与え方で最も適切なものを探してみるということです。アレルギーや副作用が発生する可能性は動物にもあります。犬が急に食事を戻したり、体がかゆがったりしたら速やかに摂取を中断し、必要ならば獣医さんに見てもらってください。

ペットサプリメントの中でも国内メーカーでのアレルギーの症例は今のところないそうです。ペットサプリメントでアレルギーが出たという事例は、外国産のものであったといいます。サプリメントとは薬ではなく食品ですので、複数の犬用サプリメントの併用も基本的には問題はありません。与える場合は指定された摂取量を超えないように気をつけてください。

犬の病気やケガ、妊娠中などで獣医さんからもらった薬を服用しているという時は、サプリメントの使用は獣医さんの指示に従ってください。飲み合わせは問題ないという場合もありますが、処方された薬を服用中は犬用のサプリメントの摂取を控えた方がいい場合もあります。

犬用サプリメントの種類

サプリメントが普及するに従って、犬用サプリメントがたくさん売られるようになりました。ストレス対策のサプリメントや、病気予防のサプリメント、毛並みのサプリメントなどがあります。サプリメントは、犬種や住環境、年齢などによって求められる種類が様々だそうです。

階段の多い家での室内飼いや高齢犬、大型犬に適したサプリメントは、関節や腰のためのサプリメントだそうです。犬は段差の多い環境では関節に負担がかかりやすいようです。元々平原で進化した種だからです。

腰の健康や関節の柔軟性を促進する効果が期待できるのが、グルコサミンやコンドロイチンなどを配合したサプリメントだそうです。免疫抵抗力をつけるためのサプリメントは、子犬の成長のためや、病後やアレルギーを持つ犬に適しています。免疫システムを活発にし、消化機能や新陳代謝を高めるためにもこれらのサプリメントが役に立ちます。

近頃は生活習慣病になる犬も増加しており、ペットの肥満化が進んでいるようです。食事の食べ過ぎや運動不足で太りすぎた犬の体調管理に、犬のダイエット用サプリメントが活用されているのです。飼い主と離れて過ごすことの多いような一人暮らしの方の犬などには、ストレス緩和のサプリメントがお勧めしたいサプリメントのひとつです。自身の愛犬に適したものを、様々な目的の犬用サプリメントがありますので選んであげましょう。

犬用サプリメントについて

人間用だけでなく、サプリメントは犬用のものも商品化されているそうです。ペットサプリメントの開発が特にアメリカでは盛んで、与える場合は食事に混ぜたりおやつとしてということが多いようです。

ペットブームにより日本でも室内犬がどんどん増えているようです。最近増えているのが、飼い主が与える食事のみで生きているという犬です。自然界から微量栄養素を得ることも、野生の動物はありますが、そこが違うのが室内飼いです。

ワクチン接種の普及や生活環境の向上などから犬の高齢化も進んでいます。犬用サプリメントの中では、免疫抵抗力をつけるためのサプリメントや、生活習慣病や肥満防止のものなどがよく売れているそうです。ドッグフードに混ぜてあるものがかつては多かったといいます。犬の様々な食生活に合わせられるように近年では、各種のサプリメントとして売られています。いろいろな犬に対応できるよう最近は犬用サプリメントも高性能化しています。

犬種や個体の体質、飼育環境により犬の健康管理は様々だからです。人間のサプリメントと犬のサプリメントは、ほとんど変わらないものまで販売されているそうです。犬の健康にも気を配ることは飼い主としてごく当たり前のことになっており、犬は家族の一員という考え方は浸透しているといえるでしょう。大事な愛犬の健康維持のためにも、上手に犬のサプリメントを活用することをおすすめします。