サプリメントの成分とラベルの見方

いくつか表示を義務付けられたものが、サプリメントの成分を書いた部分にはあるようです。表示を加工食品の包装にしなければならない事柄のことで、JAS法に基づく表示というのがあるようです。その内容は、名称、原材料、内容量、賞味期限、保存法、製造業者の名称及び住所などだそうです。さらに健康増進法に基づく表示というものもあるそうです。この場合記載するのは、表示したい栄養成分、食品の単位当たりのカロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムなどの各量だということです。サプリメントは日本の場合、食品として分類されているといいます。詳しい栄養成分をサプリメントを製造しているメーカーが表示することは、法律で義務付けられているわけではないといいます。実際にはどのように品質を確認すればよいのでしょうか。サプリメントの成分を自分で確認しなくても、人気が口コミなどであれば問題ないという場合もあります。口コミでは納得できないという人は、良心的なメーカーを探すようにし、栄養機能食品として栄養成分を一緒に載せているようなところを見つけましょう。メーカーによって販売されているものは、成分をほとんど書いていない商品です。どんなサプリメントを自分が飲んでいるか、明確にはわからないことになります。きちんと栄養成分や一日当たりの摂取目安量に含まれる成分量などが表示してある商品を探して購入するように、サプリメントの場合でも気をつけたいものです。

サプリメントとラベルの注意点

どんな材料でそのサプリメントが作られているのか、ラベルから原材料名を読み取ることは重要です。サプリメントのラベルをチェックする際には、注意すべき点があります。封を開けずに1年間が、サプリメントの品質保持期限となります。

しかし、サプリメントのラベルに2年~3年保つと書かれている場合があります。1年以上の品質保持期限が設定されている場合、そのサプリメントには防腐剤や酸化防止剤などの添加物が使われている可能性が高いようです。ラベルにロットナンバーが入っているサプリメントもあります。

サプリメントを作る会社の方針によりますが、ロットを入れることで生産管理の状態をチェックすることができます。ロットナンバーをサプリメント会社が持つ資料と照合させることで、何年前のどの時間に、どの工場のどの場所で作ったかがわかるというものです。

ただし、ロットナンバーをつけない製造会社もあります。サプリメントのラベルにロッド番号が入っているサプリメント会社は品質管理にこだわっている事が分ります。サプリメントのラベルのチェックポイントには、問い合わせ先が明記されているか、製造会社の名前や住所がはっきり書かれているかという点もあるかもしれません。

サプリメントの種類が無数に増え、同一成分のサプリメントでもラベルを見るとそれぞれに違いがあり選ぶのが大変です。自分の体の為に摂取するものですからサプリメントとラベルを読んで慎重に選ぶようにしたいものです。

サプリメントとラベルの読み方

サプリメントのラベルの見方を知っていますか。まず、原材料に何が書かれているかです。原材料表示欄では、そのサプリメントに何が使われているかを成分量の多い順に記載しています。原材料をチェックする時に確認することは、ショ糖脂肪酸やセルロースが最初にないことです。

本来なら、サプリメントとしての主要な成分が最初の方にあり、ショ糖脂肪酸やセルロースなどの成分を混ぜたり固めたりする成分は後の方にあるべきといえます。VA、VB、VCと原材料名にあれば、それはビタミンA、ビタミンB、ビタミンCのことです。

ただしその場合、天然由来の成分ではなく合成成分のこととなります。天然か合成かなどをラベルで確認するのは、サプリメントの効果を左右するためです。もともと、人間は自然界にある植物や動物から生きるために必要なものを得ています。

昔から活用していた植物や動物からの栄養摂取で体を作るのが、最も好ましいのです。天然から得た原材料で製造されているサプリメントの場合、原材料欄には野菜やハーブ、酵母などの名称が書かれていることがあることも知っておくと便利です。

ラベルに目を通すだけでもそのサプリメントについてのかなりの情報が入りますので、サプリメントを手に取った時はまず目を通してください。

サプリメントとラベル

サプリメントとラベルについてです。最近私たちの生活になくてはならないものになりつつあるのが、サプリメントです。サプリメントのラベルの見方を知っていますか。効果があまり感じられないものや、ひどいものになると飲んでも意味がないものまで、サプリメントにはいろいろなものが出回っているようです。

体によく、効果があるサプリメントを探す為にとても大切だといえるのが、サプリメントについているラベルです。サプリメントのラベルの見方を説明する前に、なぜラベルが大切なのかを説明しましょう。容器もしくは包装に、名称、材料名、容量、賞味期限、保存方法、製造業者の名称および住所の6つを、JAS法という法律に基づきの明記しなくてはならない事になっているのがサプリメントです。

合成か天然なのか、添加物が入っているかなどが、サプリメントのラベルをみれば、だいたい理解できます。大よそと書いたのは、日本ではサプリメントは食品に分類されるので、サプリメントの製造会社では栄養成分の全てを表示する義務がないのです。

案外サプリメントのラベルをみても、含有栄養素の表示がないものも、材料は書いてあってもたくさんあるようです。逆に言えば、良心的で自社の製品に自信を持っているというのが、義務ではない栄養成分を書いてあるサプリメントから分かるといえます。サプリメントは効き目の少ないものを選ばないように、ラベルを自分自身でもしっかりと読んでから買うようにしましょう。