アメリカのサプリメント

アメリカのサプリメントについてです。今の日本においてサプリメントはすでにとても身近な存在にもなっています。元来、アメリカやヨーロッパで、栄養補給のために作られたものがサプリメントであるとされています。最近は、ドラッグストアやインターネットの通販など、様々なところでサプリメントが購入できます。

サプリメントの使用量は1位がアメリカ、2位は日本であり、アメリカにはたくさんのサプリメントが販売され、利用されています。日本の法律では、サプリメントは食品と同じカテゴリで販売していますが、サプリメントは栄養補給が目的です。

一方でアメリカの場合、サプリメントにも細かい基準や取り決めがあります。日本よりもサプリメント製品の質が良いといわれています。確かに日本のサプリメントは、一見同じような商品であってもサプリメントを製造しているメーカーによって、成分にかなりのばらつきがあります。サプリメントは口にするものですから、安心して使いたいものです。日本てせはサプリメントに関するアメリカのような決まりがないため、質の低いサプリメントが交ざっている場合もありますので、選ぶ時にチェックしましょう。ここ数十年で一気にサプリメントに興味を持つ人が増えたために、法律が現状からずれたものになりがちです。

サプリメントを選ぶときは、アメリカで製造されたものか、日本で製造されたものかというだけでなく、配合されている成分一つ一つの意味をつきとめておくことが需用です。
 

アメリカのサプリメント事情

アメリカでは当たり前のように多くの人が利用しているサプリメントです。日本の場合は、まだまだサプリメントに対して懐疑的な人も少なくないようです。一般的でない栄養素や、珍しい原材料のサプリメントに対しては、頭から怪しんでかかるという人もいます。

種類によってはあまり人が使っていないものもありますが、どんなサプリメントを知ることがまずは大事なことです。サプリメントの位置付けを日本とアメリカで比較した場合、日本はあくまで日々の食事を栄養摂取のベースにしています。食事の内容に関しては、日本人の方がアメリカ人より力を注ぐと言われています。実際サプリメントを利用しなくても、栄養の面では十分に足りている人も多いようです。

一方でアメリカでは医療費が高いと言うこともサプリメントを利用する理由の一つ。病院にかからずに済ませるために、サプリメントで予防を講じているというわけです。毎日の食事にサプリメントを使っている目的は、医療費が発生するような事態を防ぐためという意図があるからだとされています。病気になってしまうと、サプリメントでは対応のしようはありません。未病の状態を保つためにアメリカではサプリメントを用いる人が多く、そのための研究も各研究機関で盛んに行われています。

アメリカのサプリメントと日本のサプリメント

サプリメントはアメリカを中心に世界中で販売されています。今では実にたくさんのメーカーが製造しています。食品会社や製薬会社など、日本でもサプリメントの製造や販売に関わり、売上量を増やしてきています。似たようなサプリメントがたくさんありますが、差があるのでしょうか。

同一のサプリメントに見えるものもあるかもしれませんが、アメリカ製のサプリメントと日本製のサプリメントには、かなりの開きがあります。アメリカでサプリメントを製造し、日本に輸入したものを売っている、ネイチャーロイドやDHCといった会社も存在します。アメリカのサプリメントも日本のサプリメントもほぼ違いは無く、成分も同じものと思っていいでしょう。日本独自で手掛けているサプリメントの場合は、大手のメーカーが製造しているからと言ってサプリメントが良質であるとは限りません。

ただし、アメリカはサプリメントについては法律で規制されているため、ある程度の品質は保持されています。これに対して、日本のサプリメントは食品として販売されています。サプリメントで摂取できる栄養素が同じものでも、製造会社が違えば成分量や品質は相当な違いがあるようです。日本のサプリメントは大手メーカーのものでも品質はさまざまですが、アメリカはサプリメントのブランドが確立されているといいます。