【鳥インフルエンザ】とヒトインフルエンザの違い

【鳥インフルエンザ】は、様々な型がありますが、インフルエンザウイルスの中で鳥類に感染するのはA型です。 そして、【鳥インフルエンザ】には抗原型があり、それにはH1~H16 × N1~N9など多くの組み合わせがあります。 【鳥インフルエンザ】と対比されるヒトインフルエンザにおいては、これまで色々な型が流行を繰り返してきています。 これまで発見された型は、H1H2H3 ×N1N2で、これは【鳥インフルエンザ】とは違い、ヒトには、B型、C型も感染します。 その他、家畜のブタ、ウマ、ミンク、野生のアザラシ、クジラの感染が、【鳥インフルエンザ】以外で知られています。 ヒトに感染するタイプのウイルスは、【鳥インフルエンザ】と違い、水鳥起源のウイルスがブタに感染することが起こります。 ブタの体内でウイルスが変異したという仮説があり、【鳥インフルエンザ】と共に、遺伝子 解読による進化系統分析の裏付けが急がれています。 【鳥インフルエンザ】には、様々な型があり、ヒトにはヒトインフルエンザというように、鳥類のみが感染するとされてきました。 しかし、近年、ヒトに感染する高病原性【鳥インフルエンザ】というものが発見されていて、問題視されています。 ただ今のところ、高病原性【鳥インフルエンザ】のヒトへの感染例は少なく、鶏肉や鶏卵で人に感染した例はありません。 しかし、【鳥インフルエンザ】に感染した者の死亡率は1997年の流行では30%でしたが、2004年の流行では60~70%と高くなっています。 極めて毒性が強力に変異していることが【鳥インフルエンザ】で見受けられ、様々な型をより詳しく調べる必要が出てきました。 死亡率に関しては、【鳥インフルエンザ】の型によって違い、実際、血清学的調査は行われていません。 そのため、【鳥インフルエンザ】の本来の意味としての死亡率ではないとする専門家の意見もあります。 【鳥インフルエンザ】は、ウイルスが加熱されれば、どの型であっても、感染性がなくなると言われています。 食品中にウイルスがあっても、【鳥インフルエンザ】の場合、十分に加熱して食べれば感染の心配はありません。 農林水産省では、【鳥インフルエンザ】に対して、家きん肉は十分加熱して食べるよう、また、未加熱または加熱不十分で食べないよう指示しています。 H5N1型の【鳥インフルエンザ】については、鳥から鳥に感染するものですが、まれに人に感染することがあります。 ただし、ヒトインフルエンザウイルスと違い、【鳥インフルエンザ】は、ヒトからヒトへの感染拡大はありません。 しかし、【鳥インフルエンザ】ウイルスの感染が広域化、長期化しているのは事実で、どの型も豚やヒトの体内で突然変異する危険性があります。

【鳥インフルエンザ】の驚異

【鳥インフルエンザ】は、中国において問題提起されていて、それは家禽の飼育数が150億羽近くもあるからです。 世界の五分の一を占めている中国は、【鳥インフルエンザ】の驚異が高く、2005年、青海省で渡り鳥6000羽余りが死んでいます。 また、その年だけで5回も家禽への【鳥インフルエンザ】の感染が起こっていて、非常に危険な状態になりました。 同じ年の10月には、中国のフフホト市、安徽省天長市、湖南省湘潭県において【鳥インフルエンザ】が発生しています。 中国での【鳥インフルエンザ】の報告は多発していて、安徽省では24歳の女性が感染して、話題になりました。 発病すると【鳥インフルエンザ】は、発熱と肺炎の症状を示し、その後、死亡するという経緯を辿ります。 中国の東北部、遼寧省においては、【鳥インフルエンザ】で鶏が大量に死んでいる実態があり、その怖さを物語っています。 【鳥インフルエンザ】は、中国において、2005年11月に入ってもその猛威は衰えず、遼寧省、湖北省などで家禽がH5N1型に感染しています。 300羽から2500羽が死んでいるので、【鳥インフルエンザ】というのは、かなり危険性が高いと言えます。 そうしたことから、中国では、【鳥インフルエンザ】感染地域周辺3キロの家禽3万1千羽~250万羽を処分しました。 中国は【鳥インフルエンザ】の感染拡大防止に躍起となっていますが、湖南省と安徽省では、人への感染が確認されました。 中国政府は、国内初の人への感染が確認されたことで【鳥インフルエンザ】対策の強化に乗り出すことになります。 そして、中国は【鳥インフルエンザ】の家禽への感染拡大防止のため、ワクチン接種に力を入れています。 そうした中国の努力により、50億羽の家禽が【鳥インフルエンザ】の免疫を持ったと発表しています。 【鳥インフルエンザ】は、中国において、2006年までに、人への感染が広がり、これまで7人が感染して3人が死亡しています。 2007年に入ると、中国の江蘇省南京市の父子が【鳥インフルエンザ】に感染し、子供が死亡しています。 父は子から【鳥インフルエンザ】に感染していて、これは中国で初のヒトからヒトへの感染事例になりました。 しかし、この【鳥インフルエンザ】に関して、父子は病死した家禽類との接触歴がなく、子の感染ルートは明確ではありません。 中国衛生省は、父子と接触のあった約80人に異常がなかったことから、今回の【鳥インフルエンザ】は、既にコントロールしたと強調しました。 しかし、2013年にも、中国の上海で3人が【鳥インフルエンザ】が感染していて、2人が死亡しています。

【鳥インフルエンザ】とは

【鳥インフルエンザ】とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して発症する鳥類の感染症のことを指します。 いわゆる、【鳥インフルエンザ】ウイルスというものが、その起因となっていて、元々、野生の水禽類自然宿主としているものです。 若鳥に20%の感染が見出されることがあり、【鳥インフルエンザ】は、水禽類の腸管で増殖します。 鳥間では水中の糞を媒介として、【鳥インフルエンザ】が感染しますが、水禽類では感染しても宿主は発症しません。 しかし、【鳥インフルエンザ】が怖いのは、家禽類のニワトリやウズラ、七面鳥に感染すると高い病原性をもたらすところです。 そうした【鳥インフルエンザ】を高病原性と呼んでいて、今、世界的に養鶏産業の脅威となっています。 【鳥インフルエンザ】の中でも、H5N1亜型ウイルスに関しては、家禽と接触した人間への感染、発病が報告されていて懸念されています。 【鳥インフルエンザ】には、ヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスがあり、それぞれにレセプターがあります。 一般の人に感染する危険性はきわめて低いのが【鳥インフルエンザ】ですが、ヒトインフルエンザウイルスと混じる可能性を秘めています。 そうなると、【鳥インフルエンザ】は、人間の間で感染する能力を持つウイルスに生まれ変わる危険性があります。 将来、【鳥インフルエンザ】が爆発的感染なりうる可能性はあるわけで、人の間で広まると、多くの人が生命の危機にさらされます。 まさしく、【鳥インフルエンザ】というのは、文字通り鳥のインフルエンザのことで、通常のインフルエンザとは違います。 基本的に【鳥インフルエンザ】のウイルスの病原性については、OIEの定める判定基準によるものです。 家畜伝染病予防法の中で、【鳥インフルエンザ】は、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスに入ります。 【鳥インフルエンザ】には、病原性の高い株からくる高病原性と)、病原性は低いが株による感染症の低病原性があります。 【鳥インフルエンザ】は、法定伝染病になりますが、H5とH7亜型以外の亜型で低病原性のものは届出伝染病に指定されています。 人のインフルエンザの原因になるウイルスと【鳥インフルエンザ】の原因になるウイルスでは、感染対象となる宿主が異なります。 【鳥インフルエンザ】ウイルスは、人に直接感染する能力は低いとされていて、仮に感染しても人への伝染は起こりにくいとされています。 ただそうはいっても、大量のウイルスとの接触や宿主の体質によっては【鳥インフルエンザ】は人に感染する可能性があります。 そうしたことから、【鳥インフルエンザ】から、新型インフルエンザが発生する危険性が危ぶまれています。

【鳥インフルエンザ】の感染経路

【鳥インフルエンザ】で気になるのが感染経路で、鳥から鳥へ直接感染するだけでなく、水、排泄物を介しても感染します。 人への【鳥インフルエンザ】の感染は、感染した鳥と接触したり、フンを吸い込むなどが、感染経路になります。 また、大量のウイルスが体内に入った場合なども感染経路になり、それで【鳥インフルエンザ】にかかることもあります。 但し、鶏卵、鶏肉を食べることで人が【鳥インフルエンザ】に感染した例は、世界的にも事例がありません。 鳥での感染経路からの【鳥インフルエンザ】に関しては、突然の死亡率の上昇があるというのが大きな特徴です。 基本的に鳥での感染経路からの【鳥インフルエンザ】の場合、高い場合には死亡率は100%にも達します。 鳥の間での【鳥インフルエンザ】の感染経路は、基本的に飛沫や汚染された排泄物の吸引によるものが多いです。 【鳥インフルエンザ】の感染経路で鳥の場合、えさ、水などを介して、その他の腸管や呼吸器に感染することがほとんどです。 ただ、【鳥インフルエンザ】の感染経路においては、ごく限られた状況でのみ、空気感染が疑われることがまれにあります。 ひとつの農場内での【鳥インフルエンザ】の感染経路は、感染した鳥の排泄物や分泌物、ウイルスで汚染された粉塵などによるものです。 そして、土壌などや直接の飛沫などの吸入や摂取によるものも【鳥インフルエンザ】の感染経路になります。 鳥から鳥へと簡単に広がって行くのが【鳥インフルエンザ】であり、その感染経路も種々多用です。 また、感染した鳥の移動に加え、【鳥インフルエンザ】の場合、ネズミなどの動物の体の表面に付着することも感染経路になります。 また、ウイルスが付着した用具や乗り物、飼料、鳥かごや衣類なども【鳥インフルエンザ】の感染経路になり得ます。 【鳥インフルエンザ】は、はき物なども感染経路になり、農場や地域を越えて感染が広がる可能性が大いにあります。 農場の外から【鳥インフルエンザ】が持ち込まれる場合には、幾つかの感染経路が考えられます。 実際、【鳥インフルエンザ】の感染経路は確証がありませんが、主として、海外から日本への感染経路は3つあります。 渡り鳥を介しての【鳥インフルエンザ】の感染経路、人が海外から持ち込む感染経路、ペット類の輸入鳥からの感染経路があります。 渡り鳥を介しての【鳥インフルエンザ】の感染経路は、11月頃から中国、韓国から渡り鳥が日本にやってくる頃が懸念されます。 人が海外から持ち込む【鳥インフルエンザ】の感染経路は、海外で感染している鳥の糞を人間が踏んで、そのまま日本に持ち込むことが多いです。

鳥インフルエンザと時期

【鳥インフルエンザ】は、時期は不明ですが、鳥類では東南アジアを中心に、中東、ヨーロッパ、アフリカの一部地域で感染します。 ヒトでの【鳥インフルエンザ】についても時期は未定で、アジア、中東、アフリカを中心に発症が報告されています。 エジプト、インドネシア、ベトナムでも【鳥インフルエンザ】の多数の感染報告がありますが、やはり時期は特定されていません。 一般的に【鳥インフルエンザ】の発生時期は定かではありませんが、潜伏期間は、ヒトのインフルエンザの場合、1~3日間程度です。 鶏での高病原性【鳥インフルエンザ】は、感染は3~7日間と考えられていて、時期の特定が急がれています。 ベトナムの例での【鳥インフルエンザ】からすると、ヒトでの高病原性で見ると、感染の潜伏期間は3~4日程度です。 【鳥インフルエンザ】の感染性のある時期については、発病前日から最大発病後7日間程度と言われています。 【鳥インフルエンザ】の時期はいまだはっきりとしませんが、重症例においては更にのびる可能性があります。 昨年から、何時何処で発生してもおかしくない【鳥インフルエンザ】があちこちで出現していて、そのほとんどが弱毒型です。 H5N2の【鳥インフルエンザ】が、茨城県、埼玉県で発生し、時期を問わなかったことから、業界を震撼させました。 鶏卵、鶏肉を食べることで、【鳥インフルエンザ】が人間に感染することは、まだ世界的に報告がありません。 全国的にサーベランスを実施しているので、【鳥インフルエンザ】の安全性については、それほど心配する必要はありません。 本来、人間のインフルエンザの流行時期は、低気温、低湿度の時期に重なりますが、【鳥インフルエンザ】は例外です。 気温も高く湿度も高い時期でも、【鳥インフルエンザ】が蔓延する可能性は高く、時期については関係ありません。 【鳥インフルエンザ】は、ヒトのインフルエンザが流行している時期でも注意しなければならないので大変です。 どんな時期であっても、高病原性【鳥インフルエンザ】に感染するケースはよくあるので、対策は大変です。 【鳥インフルエンザ】は、新型のインフルエンザウイルスが出現する可能性があるので、早期にHPAIの感染者を検知する必要があります。 時期に関係なく【鳥インフルエンザ】の拡大を防ぐことが、結果として新型ウイルス出現の可能性を摘むことになります。 こうした【鳥インフルエンザ】の対策は、特定の国のみならず、国際的な危機管理の観点からとても重要なことです。 一般的に【鳥インフルエンザ】が人に感染することは極めてまれですが、時期を問わずやってくるものなので、常に配慮しておかなくてはなりません。

【鳥インフルエンザ】の種類

【鳥インフルエンザ】には様々な種類がありますが、最近もっとも注目され、懸念されているのが高病原性です。 高病原性【鳥インフルエンザ】というのは、非常に危険性が高く、インフルエンザウイルスにはA、B、Cの型があります。 鳥に感染するのはA型インフルエンザウイルスで、人で感染するA型インフルエンザとは違い、高病原性【鳥インフルエンザ】は強力です。 いわゆる鳥に感染するインフルエンザを【鳥インフルエンザ】と呼んでいますが、中でも鳥に対して重篤な症状を起こすものが高病原性なのです。 端的に言うと、病原性の高いインフルエンザウイルスによるものが、高病原性【鳥インフルエンザ】なのです。 そして今現在、もっとも問題があり、危険性が危惧されているのが高病原性【鳥インフルエンザ】です。 【鳥インフルエンザ】の中でも、高病原性は非常に強力なウイルスであり、家きんに対する病原性の強さは強大です。 【鳥インフルエンザ】には、強毒タイプと弱毒タイプがあり、強毒タイプがまさしく高病原性です。 ニワトリが強毒タイプの高病原性【鳥インフルエンザ】に感染すると、その多くが死んでしまいます。 しかし、高病原性【鳥インフルエンザ】ではない弱毒タイプのウイルスの場合、感染しても症状が出ない場合があります。 高病原性【鳥インフルエンザ】でも、咳や粗い呼吸などの軽い呼吸器症状が出たり、産卵率が下がったりする場合もあります。 家畜伝染病予防法で定められているのが高病原性【鳥インフルエンザ】であり、静脈内接種で鶏を高率に死亡させるウイルスです。 一般的に高病原性【鳥インフルエンザ】は、HA蛋白の開裂部位のアミノ酸配列が弱毒型のウイルスとは異なります。 高病原性【鳥インフルエンザ】は、強毒型になり、これによって感染すると、大半が死亡すると言われています。 【鳥インフルエンザ】で大きな被害が出ることが予想される高病原性のものは、非常に危険視されています。 病原性が低いH5、H7亜型感染の場合は、高病原性【鳥インフルエンザ】と違い、無症状もしくは軽い呼吸器症状が起こる程度です。  一般的に、高病原性【鳥インフルエンザ】は、人に感染する可能性があり、この病気にかかった鶏と接触すると危険です。 羽や粉末状になったフンを吸い込んだり、鶏のフンや内臓に触れた手を介して、高病原性【鳥インフルエンザ】は人に感染します。 鼻からウイルスが入るなど、人の体内に大量のウイルスが入ると、高病原性【鳥インフルエンザ】は人に感染します。 実際、今年に入ってから、人が高病原性【鳥インフルエンザ】にかかったという事例が確認されています。

【鳥インフルエンザ】とは

【鳥インフルエンザ】は、疫学的には、厚生労働省と国立感染症研究所が、その対策に追われています。 そして、養鶏関連などについては【鳥インフルエンザ】は、農林水産省がその対策を図っています。 また、野鳥については、【鳥インフルエンザ】について、環境省が主体となって、対策を講じています。 家畜伝染病予防法における家畜伝染病に指定されている【鳥インフルエンザ】は、それぞれの分野に分かれて対策が講じられています。 【鳥インフルエンザ】の感染が確認された場合、都道府県知事の権限ですぐに殺処分命令が発せられるようになっています。 そして、【鳥インフルエンザ】が確認されると、発生養鶏場から半径数~数十キロ圏内の他の養鶏場で飼育されている鶏の検査が行われます。 また、対策として、【鳥インフルエンザ】に未感染であることが確認されるまでの間、鶏生体や鶏卵の移動を自粛します。 【鳥インフルエンザ】は2005年から世界的に広がることになりますが、日本政府は対策として、対策省庁会議を設けています。 2005年10月、【鳥インフルエンザ】に対する対策として、関係省庁対策会議が開かれ、その対応に追われました。 国内の鶏での発生対策が目的であった【鳥インフルエンザ】ですが、今後は、人から人へ感染対策を図る必要が出てきました。 新型インフルエンザ発生の危機が高まっていることから、【鳥インフルエンザ】は、人での発生を視野に入れる必要が出てきたのです。 そのため【鳥インフルエンザ】は、政府あげて対策を図る必要が出てきて、高病原性の検討会が開かれました。 【鳥インフルエンザ】は、茨城県内で確認されたウイルスが、中米やメキシコやグアテマラで採取されたものであることが判明しました。 そして、農家が違法に【鳥インフルエンザ】の未承認ワクチンを使用したことが、茨城県を中心に相次いでいます。 【鳥インフルエンザ】は、2005年11月に対策を実施していて、厚生労働省は、自治体の感染症担当者会議を開きました。 発生にそなえて、【鳥インフルエンザ】対策として、国の行動計画について説明を発表することとなりました。 そして、2006年5月、閣議でH5N1型の【鳥インフルエンザ】が指定感染症に定められることになります。 この【鳥インフルエンザ】対策の発表により、H5N1型に感染した疑いがあれば、強制入院や就業制限が可能となりました。 施行期間は1年で、この【鳥インフルエンザ】対策に関しては、1年に限り延長が可能となっています。 また、2008年5月には、【鳥インフルエンザ】対策として、改正感染症予防法が発表されることになりました。

【鳥インフルエンザ】の治療法

【鳥インフルエンザ】の治療法は難航していて、それは国内ではワクチンの使用が認められていないからです。 対策としては、飼養環境の消毒により、ウイルスの侵入を防ぐことが大切で、それが【鳥インフルエンザ】の治療法につながります。 高病原性【鳥インフルエンザ】については、感染している野鳥から感染する恐れがあるので、防護ネットなどの使用が求められます。 野鳥との接触を避け、清潔に飼育するというのが、【鳥インフルエンザ】の対策としてとても大事です。 人での【鳥インフルエンザ】の感染防止法としては、感染した鳥と接触せず、フンを吸い込むなどを避けることです。 大量のウイルスが体内に入った場合、【鳥インフルエンザ】にかかることがあるので、鳥の世話には十分な注意が必要です。 排せつ物に触れた後には、手洗いとうがいを心がけることが、【鳥インフルエンザ】対策として重要です。 【鳥インフルエンザ】の治療法は、今のところ、タミフルやリレンザによる対処療法が有効とされています。 H5N1の【鳥インフルエンザ】の治療法としては、ウイルス量が多く、増殖期間も長いので、薬剤を長期間使う必要があります。 鳥との接触を避け、むやみに触らないことが【鳥インフルエンザ】の予防になりますが、治療法はまだ確立されていません。 子供は興味から野鳥に近づくおそれがあるので、【鳥インフルエンザ】対策として、近寄らないように配慮する必要があります。 医療機関における【鳥インフルエンザ】の治療法は、各医療機関において、医療従事者の標準予防策が図られています。 飛沫感染予防策や接触感染予防策などの【鳥インフルエンザ】の対策は、治療法につながる有効策になります。 感染防御に関する十分なトレーニングを実施することが、【鳥インフルエンザ】の治療法を成功させることにつながるのです。 【鳥インフルエンザ】の治療法は、診療に臨める体制をまず確保することが最も重要であるとされています。 HPAIにおける対策だけでなく、【鳥インフルエンザ】の治療法は、通常の呼吸器感染症に対する院内感染対策が基本になります。 また、可能な限りインフルエンザワクチンを接種しておくことが、【鳥インフルエンザ】の治療法のためには望ましいとされています。 流行しているヒトのインフルエンザの予防対策を図ることが、【鳥インフルエンザ】の治療法に効を奏することになります。 A型インフルエンザに有効な薬剤は、【鳥インフルエンザ】の治療法にも効果的で、特に高病原性に効果があります。 今のところ、【鳥インフルエンザ】の治療法としては、ノイラミニダーゼ阻害剤が、高病原性にもっとも有効と言われています。

【鳥インフルエンザ】の症状

【鳥インフルエンザ】には、様々な症状があり、突然、死亡したりすることがあるで、注意を要します。 基本的な【鳥インフルエンザ】の症状としては、肉冠、肉垂のチアノーゼ、出血、壊死、顔面の浮腫、脚部の皮下出血などがあります。 また、【鳥インフルエンザ】の症状として、産卵低下もしくは停止、神経症状、呼吸器症状、消化器症状を呈します。 そして、下痢、食欲減退等の【鳥インフルエンザ】の症状もあり、色々な態様の病変が認められています。 人での【鳥インフルエンザ】の症状は、世界的にも患者発生数が少ないのですが、発熱、咳などが出現します。 【鳥インフルエンザ】の症状は、インフルエンザと同様のものから、多臓器不全に至るなど重症なものまで様々です。 その型によっては、【鳥インフルエンザ】の症状として、結膜炎になることもあり、感染鶏群では死亡する鶏が増加します。 【鳥インフルエンザ】の主な症状は、元気消失、食欲、飲水欲の減退、産卵率の低下、呼吸器症状、下痢、神経症状などがあります。 脚の浮腫や皮下出血などの病変も【鳥インフルエンザ】の症状として報告されていて、対応に追われています。 高病原性【鳥インフルエンザ】の症状は、感染したウイルスが持つ病原性の強さなどによって変わってきます。 そして、他の病原体との混合感染や、鶏舎内外の環境原因などによって【鳥インフルエンザ】の症状は多様です。 病原性が強い【鳥インフルエンザ】の症状としては、鶏は短期間に高率で死亡しますが、明瞭な症状や病変を示さない時もあります。 病原性の弱い【鳥インフルエンザ】の症状は、弱毒であるので、不顕性感染や軽い元気消失のみで済みます。 しかし、家きんの間で感染を繰り返すうち、数ヶ月後には【鳥インフルエンザ】が強毒に変異する場合もあります。 【鳥インフルエンザ】の症状は、初期症状としては通常のインフルエンザと同じように発熱、咽頭痛、咳などが起こります。 呼吸器症状、全身倦怠感などが【鳥インフルエンザ】の主要な症状ですが、急速な呼吸不全や全身症状の悪化も起こり得ます。 最近では、【鳥インフルエンザ】の症状として、多臓器不全の合併なども報告されていて、問題提起されています。 オランダでの事例では結膜炎症状も多く観察されていて、【鳥インフルエンザ】の症状は多岐にわたります。 現在の高病原性【鳥インフルエンザ】の症状は、発熱や頭痛、嘔吐、咳などの呼吸器の症状が圧倒的です。 全身の倦怠感などが【鳥インフルエンザ】の主な症状になりますが、死亡の直接の原因は肺炎がほとんどです。

【鳥インフルエンザ】マニュアル

【鳥インフルエンザ】マニュアルは、主として各県内における高病原性の対応に迫るものです。 基本的に【鳥インフルエンザ】マニュアルは、発生時の対応を迅速かつ適切に実施するための防疫体制を定めるものです。 【鳥インフルエンザ】マニュアルは、養鶏場で発生した場合を想定して作られています。 愛玩鳥に【鳥インフルエンザ】が発生した場合は、マニュアルに準じた対応が遂行されることとなっています。 発生時の防疫措置についても、【鳥インフルエンザ】マニュアルの中で、きちんと定められています。 【鳥インフルエンザ】マニュアルには、ここで定める事項の他、高病原性に関する特定家畜伝染病防疫指針、病性鑑定指針が提唱されています。 そして、【鳥インフルエンザ】マニュアルには、高病原性対策本部設置要綱や家畜伝染病対策要綱が網羅されています。 【鳥インフルエンザ】マニュアルは、高病原性に対する初動対応総合マニュアルとして役立つものです。 伝染力が極めて強く、感染した家きんの致死率が極めて高い【鳥インフルエンザ】に対して、マニュアルでは対策が講じられています。 しかし、【鳥インフルエンザ】には治療法がないことから、マニュアルでは、本病発生時に、協力期間が集結するよう指示されています。 国、県関係機関、市町村、関係団体等が連携を図り、徹底した防疫措置を推進するよう【鳥インフルエンザ】マニュアルは指示しています。 早期終息を図ることが、【鳥インフルエンザ】マニュアルの目的で、早期終息のためには、迅速で適切な初動防疫が重要です。 独自に実施する【鳥インフルエンザ】の遺伝子診断法の結果に基づき、マニュアルは作られています。 【鳥インフルエンザ】に罹患した際は、マニュアルでは初動防疫を開始するべきであると解説されています。 【鳥インフルエンザ】マニュアルは、病が明らかに疑われるか、否定できない異常を示した時は、ただちに報告するようその旨が記載されています。 家きんの発生を確認した家畜保健衛生所は、【鳥インフルエンザ】マニュアルでは、直ちに養鶏場から病性鑑定材料として採取することを指示しています。 そして、鑑定室に搬送するとともに、【鳥インフルエンザ】マニュアルでは、農林水産部畜産課に報告する旨が規定されています。 検体の搬送の際には、【鳥インフルエンザ】マニュアルでは、農場内に立ち入らないものが搬送を行うことを義務付けています。 また、【鳥インフルエンザ】マニュアルでは、検査機関及び検査方法として、直ちに異常家きんの病性鑑定を行う必要があるものとしています。 遺伝子診断法又はウイルス分離による【鳥インフルエンザ】の感染の有無の確認も要します。