タグ別アーカイブ: 対策

【夏の花粉症】対策

【夏の花粉症】とは、イネ科やキク科といった植物の花粉によって引き起こされる花粉症の総称です。
【夏の花粉症】という事で、いわゆるスギ花粉症とは時期も原因も異なります。
スギ花粉が飛んでくるのは冬の終わりから春先にかけての時期ですが、【夏の花粉症】の原因となる花粉が飛んでくるのはスギ花粉が終わった頃からです
当然ながら地域によって飛散時期にばらつきがあるため、【夏の花粉症】を患っている方はマメにチェックする必要があります。
東北や北海道といった一部の地域では【夏の花粉症】に対しても一定の注目度があるのですが関東ではあまり見かけません。
そうした環境で自分が【夏の花粉症】かもしれないと思った時は、積極的に情報収集していく必要があります。

【夏の花粉症】が関東であまり注目されていない理由には、自然に対策されているというものがあります。
【夏の花粉症】がピークとなる時期に向けて、本州は梅雨に入ります。
ただでさえイネ科やキク科といった【夏の花粉症】の原因となる花粉を飛ばす草は背が低く、加えて湿度が高くなると花粉の飛ぶ距離は更に制限されることになります。
花粉症対策といえばマスクが有名ですが、夏の暑い時期に着用したいものではありません。
しかし花粉の飛ぶ距離が制限されているなら、【夏の花粉症】の原因に近付かないという基本的な対策から効果を発揮してくれます。
春の花粉症の場合、スギ花粉に近付かないというのは容易い事ではありません。
スギ花粉は非情に広範囲へ拡散されるのに対し、イネ花粉やキク花粉が飛散する距離は限られてくるため【夏の花粉症】対策も立てやすくなります。
ただ、【夏の花粉症】の問題は対策よりも認知度にありそうです。
明らかに【夏の花粉症】と言える症状が出ていても、それを花粉症と自覚していない方が多いように思われます。

【夏の花粉症】ではなく風邪と勘違いするケースが多く、当然ながら対策も遅れてきます。
意味のない薬を飲み続けて、身体にも多少の負担をかけるでしょう。
鼻水や目のかゆみといった症状が出た時は、夏風邪だと決めつけてしまう前に【夏の花粉症】を疑ってみましょう。
もちろん【夏の花粉症】ではない可能性もあり、たとえばシックハウス症候群等の可能性も考えられます。
原因を早く見つければ、それだけ対策を立てるのも早くなります。
放っておくというのは一番良くないので、少しでも花粉症のような症状が出ている時は【夏の花粉症】の可能性を考えたいです。
ブログやサイトから、【夏の花粉症】対策について情報収集してみると良いでしょう。