タグ別アーカイブ: 原因

【そばかす】の原因

【そばかす】というのは、頬や目の周り、腕、肩、背中などに、散らばるようにしてできる薄茶色の小さな斑点状のものを指します。 別名、【そばかす】は雀卵斑とも呼ばれていて、白人によくできますが、日本人でも色素の薄い人はできやすいです。 色白の人に特に【そばかす】はできやすく、シミと違い、幼少期など早い時期に現れるのが1つの特徴です。 そして、【そばかす】の場合、思春期をピークとして、だんだんと薄くなっていくという性質を持ちます。 一般的に【そばかす】の原因は、遺伝的要素ガ強く、両親のどちらかにあれば、子供にもできやすいと言われています。 年齢に関係なく起こり得る肌トラブルが、【そばかす】ですが、子供の頃に悩むことが多いのが大きな特質です。 両親ともに【そばかす】がある場合は、かなりの高い確率で子供も受け継ぐので、遺伝的に原因が色濃くあります。 【そばかす】は、原因が遺伝性であるケースが多いのが特徴で、遺伝性の場合、年齢を重ねると共に薄くなっていきます。 一方、紫外線が原因でできた【そばかす】は、年齢により、色が濃くなって、どんどん悪化する場合があります。 先天的要素が強い【そばかす】は、遺伝的原因の要素が高く、発生後は紫外線による影響で左右されます。 紫外線を浴びると、メラニンと呼ばれる色素が生成され、それが原因となって、【そばかす】ができてしまいます。 メラニン色素は肌を紫外線ダメージから守る働きがありますが、過剰に生成されると排出されず、皮膚に残って【そばかす】になります。 紫外線が原因で【そばかす】は量が増えたり、色が濃くなるので、日々の生活で紫外線対策は重要です。 一般的なシミなどのトラブルと違い、幼少の頃に現れるというのが【そばかす】の1つの特徴になります。 【そばかす】は、顔などにできる小さな茶色の斑点で、原因は、メラニン色素が皮膚に沈着することであると言われています。 一般的なシミとあまり変わりがないのが【そばかす】ですが、シミの主な原因となる加齢や紫外線以外に遺伝的要素があります。 両親どちらかが【そばかす】になりやすい体質であると、子供もそれが原因でなることがよくあります。 しかし、原因が遺伝の【そばかす】でも、紫外線によって増加し、濃くなったりすることはよくあります。 遺伝以外の【そばかす】の原因としては、紫外線の照射、メラニンの異常発生、加齢による肌の新陳代謝の低下などが挙げられます。 様々な原因が考えられる【そばかす】ですが、外出時のUVケアは必須で、生活紫外線対策をしっかり行う必要があります。