月別アーカイブ: 2015年12月

鳥インフルエンザと時期

【鳥インフルエンザ】は、時期は不明ですが、鳥類では東南アジアを中心に、中東、ヨーロッパ、アフリカの一部地域で感染します。 ヒトでの【鳥インフルエンザ】についても時期は未定で、アジア、中東、アフリカを中心に発症が報告されています。 エジプト、インドネシア、ベトナムでも【鳥インフルエンザ】の多数の感染報告がありますが、やはり時期は特定されていません。 一般的に【鳥インフルエンザ】の発生時期は定かではありませんが、潜伏期間は、ヒトのインフルエンザの場合、1~3日間程度です。 鶏での高病原性【鳥インフルエンザ】は、感染は3~7日間と考えられていて、時期の特定が急がれています。 ベトナムの例での【鳥インフルエンザ】からすると、ヒトでの高病原性で見ると、感染の潜伏期間は3~4日程度です。 【鳥インフルエンザ】の感染性のある時期については、発病前日から最大発病後7日間程度と言われています。 【鳥インフルエンザ】の時期はいまだはっきりとしませんが、重症例においては更にのびる可能性があります。 昨年から、何時何処で発生してもおかしくない【鳥インフルエンザ】があちこちで出現していて、そのほとんどが弱毒型です。 H5N2の【鳥インフルエンザ】が、茨城県、埼玉県で発生し、時期を問わなかったことから、業界を震撼させました。 鶏卵、鶏肉を食べることで、【鳥インフルエンザ】が人間に感染することは、まだ世界的に報告がありません。 全国的にサーベランスを実施しているので、【鳥インフルエンザ】の安全性については、それほど心配する必要はありません。 本来、人間のインフルエンザの流行時期は、低気温、低湿度の時期に重なりますが、【鳥インフルエンザ】は例外です。 気温も高く湿度も高い時期でも、【鳥インフルエンザ】が蔓延する可能性は高く、時期については関係ありません。 【鳥インフルエンザ】は、ヒトのインフルエンザが流行している時期でも注意しなければならないので大変です。 どんな時期であっても、高病原性【鳥インフルエンザ】に感染するケースはよくあるので、対策は大変です。 【鳥インフルエンザ】は、新型のインフルエンザウイルスが出現する可能性があるので、早期にHPAIの感染者を検知する必要があります。 時期に関係なく【鳥インフルエンザ】の拡大を防ぐことが、結果として新型ウイルス出現の可能性を摘むことになります。 こうした【鳥インフルエンザ】の対策は、特定の国のみならず、国際的な危機管理の観点からとても重要なことです。 一般的に【鳥インフルエンザ】が人に感染することは極めてまれですが、時期を問わずやってくるものなので、常に配慮しておかなくてはなりません。