月別アーカイブ: 2015年1月

【鳥インフルエンザ】の症状

【鳥インフルエンザ】には、様々な症状があり、突然、死亡したりすることがあるで、注意を要します。 基本的な【鳥インフルエンザ】の症状としては、肉冠、肉垂のチアノーゼ、出血、壊死、顔面の浮腫、脚部の皮下出血などがあります。 また、【鳥インフルエンザ】の症状として、産卵低下もしくは停止、神経症状、呼吸器症状、消化器症状を呈します。 そして、下痢、食欲減退等の【鳥インフルエンザ】の症状もあり、色々な態様の病変が認められています。 人での【鳥インフルエンザ】の症状は、世界的にも患者発生数が少ないのですが、発熱、咳などが出現します。 【鳥インフルエンザ】の症状は、インフルエンザと同様のものから、多臓器不全に至るなど重症なものまで様々です。 その型によっては、【鳥インフルエンザ】の症状として、結膜炎になることもあり、感染鶏群では死亡する鶏が増加します。 【鳥インフルエンザ】の主な症状は、元気消失、食欲、飲水欲の減退、産卵率の低下、呼吸器症状、下痢、神経症状などがあります。 脚の浮腫や皮下出血などの病変も【鳥インフルエンザ】の症状として報告されていて、対応に追われています。 高病原性【鳥インフルエンザ】の症状は、感染したウイルスが持つ病原性の強さなどによって変わってきます。 そして、他の病原体との混合感染や、鶏舎内外の環境原因などによって【鳥インフルエンザ】の症状は多様です。 病原性が強い【鳥インフルエンザ】の症状としては、鶏は短期間に高率で死亡しますが、明瞭な症状や病変を示さない時もあります。 病原性の弱い【鳥インフルエンザ】の症状は、弱毒であるので、不顕性感染や軽い元気消失のみで済みます。 しかし、家きんの間で感染を繰り返すうち、数ヶ月後には【鳥インフルエンザ】が強毒に変異する場合もあります。 【鳥インフルエンザ】の症状は、初期症状としては通常のインフルエンザと同じように発熱、咽頭痛、咳などが起こります。 呼吸器症状、全身倦怠感などが【鳥インフルエンザ】の主要な症状ですが、急速な呼吸不全や全身症状の悪化も起こり得ます。 最近では、【鳥インフルエンザ】の症状として、多臓器不全の合併なども報告されていて、問題提起されています。 オランダでの事例では結膜炎症状も多く観察されていて、【鳥インフルエンザ】の症状は多岐にわたります。 現在の高病原性【鳥インフルエンザ】の症状は、発熱や頭痛、嘔吐、咳などの呼吸器の症状が圧倒的です。 全身の倦怠感などが【鳥インフルエンザ】の主な症状になりますが、死亡の直接の原因は肺炎がほとんどです。