月別アーカイブ: 2011年9月

健康食品の成分と分類について

健康食品として販売されているものの種類はびっくりするほど豊富です。健康食品自体の定義もあいまいであり、法律上では全て食品として扱われます。健康食品は食品なので、治療や効能を書くことは認められてはいません。認可を必要としないのでどんな品質の商品でも健康食品と販売できるといってもいいでしょう。口に入るものなら、それがごくありふれた野菜や果物だとしても、健康にいいから健康食品とアピールしても構いません。よくある健康食品では、配合する栄養成分を用意し、それらを圧縮して錠剤にしたり、カプセルに封じ込めるなどして製品化します。健康食品は、含まれている成分に基づいて膨大な種類の製品をグループ分けすることができます。ミネラル系の健康食品、アミノ酸系の健康食品、ビタミン系の健康食品、植物由来の健康食品、動物由来の健康食品などです。研究開発によって健康や美容などに効果があることが認められた成分を健康食品の主材料にしている場合や、民間医療などで使われていたお酢やにんにくなど体にいいという成分を健康食品に使うこともあります。ダイエット用の健康食品や、美肌のための健康食品など、使い道に応じた健康食品もありますし、食事から摂取する栄養に偏りがあるために栄養の不足分を補うための健康食品も存在します。種類はどんどん増えており、一口に健康食品といってもたくさんあります。健康食品の種類について事前調査をした上で、どの健康食品が自分に合うものかを判断してください。