カテゴリー別アーカイブ: 鳥インフルエンザ

【鳥インフルエンザ】とヒトインフルエンザの違い

【鳥インフルエンザ】は、様々な型がありますが、インフルエンザウイルスの中で鳥類に感染するのはA型です。 そして、【鳥インフルエンザ】には抗原型があり、それにはH1~H16 × N1~N9など多くの組み合わせがあります。 【鳥インフルエンザ】と対比されるヒトインフルエンザにおいては、これまで色々な型が流行を繰り返してきています。 これまで発見された型は、H1H2H3 ×N1N2で、これは【鳥インフルエンザ】とは違い、ヒトには、B型、C型も感染します。 その他、家畜のブタ、ウマ、ミンク、野生のアザラシ、クジラの感染が、【鳥インフルエンザ】以外で知られています。 ヒトに感染するタイプのウイルスは、【鳥インフルエンザ】と違い、水鳥起源のウイルスがブタに感染することが起こります。 ブタの体内でウイルスが変異したという仮説があり、【鳥インフルエンザ】と共に、遺伝子 解読による進化系統分析の裏付けが急がれています。 【鳥インフルエンザ】には、様々な型があり、ヒトにはヒトインフルエンザというように、鳥類のみが感染するとされてきました。 しかし、近年、ヒトに感染する高病原性【鳥インフルエンザ】というものが発見されていて、問題視されています。 ただ今のところ、高病原性【鳥インフルエンザ】のヒトへの感染例は少なく、鶏肉や鶏卵で人に感染した例はありません。 しかし、【鳥インフルエンザ】に感染した者の死亡率は1997年の流行では30%でしたが、2004年の流行では60~70%と高くなっています。 極めて毒性が強力に変異していることが【鳥インフルエンザ】で見受けられ、様々な型をより詳しく調べる必要が出てきました。 死亡率に関しては、【鳥インフルエンザ】の型によって違い、実際、血清学的調査は行われていません。 そのため、【鳥インフルエンザ】の本来の意味としての死亡率ではないとする専門家の意見もあります。 【鳥インフルエンザ】は、ウイルスが加熱されれば、どの型であっても、感染性がなくなると言われています。 食品中にウイルスがあっても、【鳥インフルエンザ】の場合、十分に加熱して食べれば感染の心配はありません。 農林水産省では、【鳥インフルエンザ】に対して、家きん肉は十分加熱して食べるよう、また、未加熱または加熱不十分で食べないよう指示しています。 H5N1型の【鳥インフルエンザ】については、鳥から鳥に感染するものですが、まれに人に感染することがあります。 ただし、ヒトインフルエンザウイルスと違い、【鳥インフルエンザ】は、ヒトからヒトへの感染拡大はありません。 しかし、【鳥インフルエンザ】ウイルスの感染が広域化、長期化しているのは事実で、どの型も豚やヒトの体内で突然変異する危険性があります。