カテゴリー別アーカイブ: 健康

保健師の転職について

 

保健師の仕事は長く続けられること、そして保健、医療、福祉といった多角的に働ける仕事であることから、大変ではあるがやりがいのある仕事です。そして行政、もしくは企業、学校など、どこに勤めるのかで大分待遇や仕事内容も違って来るでしょう。できれば転職時には、どのような仕事でも同じですが、保健師としての就業経験があったほうがいいですが、もしないとしても看護師として働いた経験があるとか、または保健、医療、福祉、それに関連した仕事の経験があればより仕事に慣れやすいでしょう。病院でも、福祉施設でも、そして民間企業、私立学校でもその豊富な知識を活かして、人々の体の健康、そして心の健康とともに、よりよい暮らし、生活の為のアドバイスをしてあげましょう。また、それぞれの施設で働く為の資格、例えば学校での養護教諭2種の資格とか、第1種衛生管理者の資格などは、所定の単位を持っていたり、都道府県の労働局への申請によって持つ事ができるので、国家試験合格後、もしくはそうした機関への転職の前に用意しておくといいでしょう。保健師の資格を持っていると、看護師より活躍できるフィールドが広がりますので、いま看護師資格を目指している人も、同時に保健師資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。将来、転職を考えるときに、より広い範囲の職務、または求人案件がみつかるかもしれません。また、養護教諭などは、大学の教育学部卒業の人は、必ずしも看護師資格はもっていませんが、活躍の場は学校に限られます。