【鳥インフルエンザ】の驚異

【鳥インフルエンザ】は、中国において問題提起されていて、それは家禽の飼育数が150億羽近くもあるからです。 世界の五分の一を占めている中国は、【鳥インフルエンザ】の驚異が高く、2005年、青海省で渡り鳥6000羽余りが死んでいます。 また、その年だけで5回も家禽への【鳥インフルエンザ】の感染が起こっていて、非常に危険な状態になりました。 同じ年の10月には、中国のフフホト市、安徽省天長市、湖南省湘潭県において【鳥インフルエンザ】が発生しています。 中国での【鳥インフルエンザ】の報告は多発していて、安徽省では24歳の女性が感染して、話題になりました。 発病すると【鳥インフルエンザ】は、発熱と肺炎の症状を示し、その後、死亡するという経緯を辿ります。 中国の東北部、遼寧省においては、【鳥インフルエンザ】で鶏が大量に死んでいる実態があり、その怖さを物語っています。 【鳥インフルエンザ】は、中国において、2005年11月に入ってもその猛威は衰えず、遼寧省、湖北省などで家禽がH5N1型に感染しています。 300羽から2500羽が死んでいるので、【鳥インフルエンザ】というのは、かなり危険性が高いと言えます。 そうしたことから、中国では、【鳥インフルエンザ】感染地域周辺3キロの家禽3万1千羽~250万羽を処分しました。 中国は【鳥インフルエンザ】の感染拡大防止に躍起となっていますが、湖南省と安徽省では、人への感染が確認されました。 中国政府は、国内初の人への感染が確認されたことで【鳥インフルエンザ】対策の強化に乗り出すことになります。 そして、中国は【鳥インフルエンザ】の家禽への感染拡大防止のため、ワクチン接種に力を入れています。 そうした中国の努力により、50億羽の家禽が【鳥インフルエンザ】の免疫を持ったと発表しています。 【鳥インフルエンザ】は、中国において、2006年までに、人への感染が広がり、これまで7人が感染して3人が死亡しています。 2007年に入ると、中国の江蘇省南京市の父子が【鳥インフルエンザ】に感染し、子供が死亡しています。 父は子から【鳥インフルエンザ】に感染していて、これは中国で初のヒトからヒトへの感染事例になりました。 しかし、この【鳥インフルエンザ】に関して、父子は病死した家禽類との接触歴がなく、子の感染ルートは明確ではありません。 中国衛生省は、父子と接触のあった約80人に異常がなかったことから、今回の【鳥インフルエンザ】は、既にコントロールしたと強調しました。 しかし、2013年にも、中国の上海で3人が【鳥インフルエンザ】が感染していて、2人が死亡しています。