【鳥インフルエンザ】とは

【鳥インフルエンザ】とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して発症する鳥類の感染症のことを指します。 いわゆる、【鳥インフルエンザ】ウイルスというものが、その起因となっていて、元々、野生の水禽類自然宿主としているものです。 若鳥に20%の感染が見出されることがあり、【鳥インフルエンザ】は、水禽類の腸管で増殖します。 鳥間では水中の糞を媒介として、【鳥インフルエンザ】が感染しますが、水禽類では感染しても宿主は発症しません。 しかし、【鳥インフルエンザ】が怖いのは、家禽類のニワトリやウズラ、七面鳥に感染すると高い病原性をもたらすところです。 そうした【鳥インフルエンザ】を高病原性と呼んでいて、今、世界的に養鶏産業の脅威となっています。 【鳥インフルエンザ】の中でも、H5N1亜型ウイルスに関しては、家禽と接触した人間への感染、発病が報告されていて懸念されています。 【鳥インフルエンザ】には、ヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスがあり、それぞれにレセプターがあります。 一般の人に感染する危険性はきわめて低いのが【鳥インフルエンザ】ですが、ヒトインフルエンザウイルスと混じる可能性を秘めています。 そうなると、【鳥インフルエンザ】は、人間の間で感染する能力を持つウイルスに生まれ変わる危険性があります。 将来、【鳥インフルエンザ】が爆発的感染なりうる可能性はあるわけで、人の間で広まると、多くの人が生命の危機にさらされます。 まさしく、【鳥インフルエンザ】というのは、文字通り鳥のインフルエンザのことで、通常のインフルエンザとは違います。 基本的に【鳥インフルエンザ】のウイルスの病原性については、OIEの定める判定基準によるものです。 家畜伝染病予防法の中で、【鳥インフルエンザ】は、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスに入ります。 【鳥インフルエンザ】には、病原性の高い株からくる高病原性と)、病原性は低いが株による感染症の低病原性があります。 【鳥インフルエンザ】は、法定伝染病になりますが、H5とH7亜型以外の亜型で低病原性のものは届出伝染病に指定されています。 人のインフルエンザの原因になるウイルスと【鳥インフルエンザ】の原因になるウイルスでは、感染対象となる宿主が異なります。 【鳥インフルエンザ】ウイルスは、人に直接感染する能力は低いとされていて、仮に感染しても人への伝染は起こりにくいとされています。 ただそうはいっても、大量のウイルスとの接触や宿主の体質によっては【鳥インフルエンザ】は人に感染する可能性があります。 そうしたことから、【鳥インフルエンザ】から、新型インフルエンザが発生する危険性が危ぶまれています。