栄養剤の栄養素

市販の栄養剤には様々なものがあります。多くの栄養剤は、ビタミンやナイアシン、タウリンなどを摂取することができるようです。栄養剤として利用されるビタミンには、よく知られているビタミンC以外にも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などがあります。眼精疲労や腰の筋肉疲労などに効果があるビタミンがビタミンB1です。皮膚や粘膜の病気の予防や肌荒れ、にきびなどにも効果があるビタミンB2も栄養剤によく配合されています。つわりの症状改善など妊娠時に効果があり、免疫力を高め皮膚の炎症に効果的なビタミンB6も栄養剤に使われています。ナイアシンやタウリンなど、疲れからの回復を助ける栄養素は、栄養剤のコマーシャルでよく聞く成分名です。飲酒の習慣が多い人や、肉体労働が多い人、暑さ負けで体力がない人には、タウリンやナイアシンの摂取は効果が期待できます。ビタミン、ナイアシン、タウリン等の成分は、もちろん食べ物で摂取できることが理想です。栄養剤なら、食事から必要な栄養成分が確保しきれない時や、夏バテなどで食事自体が辛いという時に、確実に栄養摂取をすることができます。栄養剤を活用することで、面倒な作業をせず手軽に栄養摂取をすることができます。バランスが良い食事は疲労が溜まっている時ほど体が求めるものですが、かといって疲れ切った体に鞭打って食事の準備をするものでもありません。栄養剤は補助的なものと捉え、忙しい時や疲れている時は簡単にできてお腹にたまるものを食べ、栄養面は栄養剤でフォローするという方法もあります。