サプリメントの基礎知識と利用方法

医薬部外品を含む広い意味での医薬品と食品に、薬事法及び食品衛生法により分類されるそうです。食品に分類されるものには、保健機能食品とサプリメントを含む一般食品とがあります。前者には制限があるものの効果効能の表示が認められているのに対し、後者は一切認められていません。さらに特徴として挙げられるのは、サプリメントの位置づけは、あくまでも補助とされている点です。大切なのものには、サプリメントの形状についての基礎知識もあります。それぞれ特徴があるサプリメントの形状なのですが、錠剤が飲みやすく持ち運びが便利で栄養摂取効率が良いということからもよく見られます。錠剤では摂取しにくい、たんぱく質や繊維質を摂取するのに向いているサプリメントの形状は粉末ですが、水に溶かして飲む手間はかかります。手軽に摂取できるため人気があるドリンクやゼリーは、たくさんのサプリメントが商品として販売されています。いろいろな健康に役立つ栄養成分が配合されているようです。つい期待してしまうのが薬のような改善効果ですが、あくまでもサプリメントは栄養補助食品だということを頭に入れておきましょう。宣伝広告でサプリメントのものを見ていると、意外に見落とされがちな基礎知識だといえるでしょう。サプリメントに含有されている成分と量を把握しないまま、水分補給や食事代わりに利用することは過剰摂取に成りかねないので注意が必要です。栄養成分の特徴を理解して、用量を守ることも大切です。最低限必要なサプリメントの基礎知識を頭に入れておけば、上手なサプリメントの利用ができるようになります。

サプリメントの基礎知識

意外とサプリメントの基礎知識を知らない人もいるようで、サプリメントは今やすっかり日本でも市民権を得たと思われるとはいえまだまだ足りない部分もあります。しっかりとサプリメントの基礎知識を身につけて、サプリメントの活用を効率よくできるようにしましょう。基礎知識の中でもサプリメントの草創期に関するものです。アメリカにおける食品区分のひとつであるダイエタリーサプリメントのことを、サプリメントといいます。利用されている目的は、不足しがちな栄養素を補うことです。医療費が高額なアメリカにおいて、サプリメントは栄養の補充、健康維持、改善目的で広まったのが始まりだったそうです。最近は健康維持のために限らず、サプリメントの中にはダイエットや美容目的のものも多くなってきています。通販ショップがインターネットやテレビなどにありますが、そこでも人気があるようです。サプリメントは栄養補助食品、もしくは健康補助食品に、日本の食品衛生法では分類されているようです。アメリカとは効能を謳うことは法律で禁じられている点が違うようです。サプリメントの形状には、錠剤、粉末、液体、ドリンク、チュアブル、ゼリーなどのタイプがあるというのは、サプリメントの形状についての基礎知識です。非常にいろいろなタイプのサプリメントが販売されるようになったといいます。大変重要になってきたのはサプリメント選びに関する基礎知識で、多くのサプリメントが販売されるようになったことが影響しています。あまり知られていないようですが、サプリメントには天然成分と合成成分によるものがあります。特徴として熱に弱いといったことが栄養成分の生成過程であったり、賞味期限もありますし、相乗効果も飲み合わせによっては期待できる場合もあるようです。サプリメントを選ぶ際には、いろんな面から比較検討し基礎知識を得ることで、自分の体や症状に合った最適のサプリメントを見つけることが出来るようになります。

タウリンのサプリメントを利用したほうがいい人

タウリンのサプリメントを利用したほうがいい人がいます。タウリンは、サプリメントなどで積極的に補ったほうがいいと言われている栄養成分だといいます。万が一タウリンが欠乏すると、動脈硬化を招きやすくなったり、高血圧の確率が高くなったりするそうです。タウリンが不足すると心臓の働きが弱くなるので、体全体にさまざまな悪影響を及ぼす危険があります。サプリメントなどで積極的にタウリンを補ったほうがいいと言われているのは一般的に、血中のコレステロール値や中性脂肪が高い人や血圧が高い人だといいます。さらに血糖値が高い人も、サプリメントを利用したほうが良いでしょう。タウリンが重要な栄養素になるのは、もちろんお酒を飲む機会の多い人も同じです。タウリンが不足すると肝臓の機能が低下します。意識してタウリンの多い食べ物を摂るように心がけましょう。定期的にサプリメントで補給するのも、食事内容の見直しが出来ない人には良い方法です。タウリンは1日3千~6千ミリグラムが必要量と言われています。食品から1日の食事によって摂取できる平均的な量はわずか50ミリグラムだそうです。250ミリグラムしかどんなに多い人でも摂れていません。たくさんのタウリンが、魚介類やたこ、いかなどにも含まれています。このようないか、たこなどの食品が苦手な人は、サプリメントで効率よくタウリンを摂取できるので是非活用してみましょう。

タウリンの効果とサプリメントの利用

疲れを覚えた時はタウリンが効果的だとされており、タウリンサプリメントを利用している人が多いようです。タウリンが1000ミリグラム摂取できる栄養ドリンク、というCMは多くの人になじみ深いものです。栄養ドリンクによっては、3000mgも摂取できると宣伝しているものもあるようです。食べ物からタウリンが食べられずとも、確実にタウリンを取り入れることが可能です。人体を健康に保つために、タウリンは欠かせない存在です。多様な効果が、タウリンによってもたらされます。特に最近注目されているのは肝臓に対する作用だそうです。お酒を飲んだ後は、栄養ドリンクなどのサプリメントでタウリンを補ったほうがいいと言われています。タウリンが、肝臓での解毒作用を向上させ、胆汁酸の分泌を促進する効果があるからです。タウリンにはインスリンの分泌を促進することが分かっています。肝臓の解毒機能を維持するためにタウリンのサプリメントを使うことで、お酒を多く飲むという人は健康維持効果が期待できます。コレステロール値の関係でできた胆石が、タウリンサプリメントを摂取していたことで溶けてなくなったという人もいます。肝機能や胆のうの機能を高める効果もタウリンにはあるので、肝臓系統が弱っている場合もサプリメントでタウリンを効率よく補ってあげるといいでしょう。糖尿病の予防や高脂血症にもタウリンは効果的です。血液検査の結果や体重との関係で生活習慣病が気になる人は、タウリンを摂取するために食事を見直したりサプリメントを活用するといいでしょう。

タウリンのサプリメント

栄養ドリンクやサプリメントに、有効成分としてタウリンが含まれていることを目にすることは多いのではないでしょうか。タウリンは、栄養ドリンクやサプリメントなど多様な栄養補助食品に使われており、疲労回復に効果があるとして関心を集めています。アミノ酸の1種であるタウリンは、健康維持に重要な成分として胆のうや筋肉に主として存在します。身近な食べ物では、主に魚介類やイカやタコなどの軟体動物に多く含まれている栄養成分がタウリンです。タウリン、じつは人間が成長していく上でもとても重要な栄養素であり、母乳の中にも存在している成分だそうです。体内のタウリンのうち約70%が筋肉にあります。そして、健康的な体作りに効果を発揮しているといわれています。サプリメントや栄養剤でタウリンを補充することで疲労回復を促進できるという方も少なくありません。医学の分野でも同様の報告がなされています。食べ物からもタウリンは確保できますので、栄養剤やサプリメントは使用せず食事で取り入れる人もいます。効率的に摂りたい時にはサプリメントを利用したほうが手軽で便利です。サプリメントでタウリンを補給することは、体内に取り入れやすくできるというメリットも重視したいところです。タウリンが配合された栄養ドリンクはとてもたくさんあるため、入手しやすいのではないでしょうか。栄養ドリンクにはタウリン以外の栄養素も入っているため、タウリンだけを補給する時はサプリメントが適しています。

特定保健用食品と医薬品

厚生労働省が作った条件を満たし、審査によって認められた健康食品が、特定保健用食品のマークをつけることができます。許可を受けたことによりほかの健康食品とは違う、より確実な健康効果をある程度期待できます。特定保健用食品と言っても、あくまでも分類は食品扱いです。医薬品とはまた一線を引くことになるので、混同しないように注意する必要があります。細かい位置付けとしては、はじめに医薬品は薬事法に基づいて決められていきます。国から許可を受け薬局などで販売されており、薬の効能を書くことが許可されています。特定保健用食品は食品として扱われますので、食品衛生法と健康増進法が適用されます。一般小売店でも販売でき、国の認可により効能の表示も可能です。パッケージなどに効果をうたっていいのは特定保健用食品で、他の健康食品では認められません。食品を扱う法律では、血圧低下に効果あり、ダイエット効果ありなどの書き方は、特定保健用食品でなければ認められないのです。どのような効果があるにしろ、個々人の体質差や生活環境によって違いがあることは覚えておきましょう。医薬品を選ぶ時は慎重に行わなければならないように、特定保健用食品を購入する時も自分に合うものはどれかよく考える必要があります。

特定保健用食品の特徴

食事での栄養摂取を補うために用いられる保健機能食品のうち、特定保健用食品は安全面や健康への影響など、国の認可基準を守っているものにつく名称です。近年は健康ブームの影響もあって、様々な健康食品が販売されています。品質を見極める際の、評価基準の一つとして特定保健用食品の表示を確認することもできます。健康増進法と食品衛生法という法律によって、保健機能食品についてが定められています。栄養機能食品と特定保健用食品が、保健機能食品となります。特定保健用食品の場合、特定の健康効果を期待して摂取した時、効果がある程度期待できるものだけに表示することが認められています。健康食品の効果に対して、国の保証がついたようなものです。馴染みのある特定保健用食品には、おなかの調子を整えるオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維入り商品があります。他にも、コレステロールを調整する大豆タンパク質やキトサン、血圧を調整する杜仲葉、ラクトトリペプチドなどもあります。特定保健用食品としてその効果が認められた成分です。新規の健康食品を売り出す時に、大きな会社などは積極的に特定保健用食品を開発しています。ヨーグルトも様々な商品が販売されていますが、健康への効果を期待するなら特定保健用食品マークが入っていた方が心強いという人もいるでしょう。

特定保健用食品とは

栄養補助食品や特定保健用食品は健康補助食品の一種として扱われていますが、共通するラベルによって見分けがつきます。特定保健用食品はトクホという略称で親しまれてもいるようです。特定保健用食品は、厚生労働省の定めた基準を満たした、健康に効果があるとされる食品を指します。健康増進に効果がある健康食品や、体にいいといわれる成分には、使ってみることで健康に効果があり、かつ安全性も高いことをチェックしたものがあります。臨床実験を行った結果、特定の症状に対する有益な効果が確認できたものもあります。他の健康食品と一線を引く目的も兼ねて、栄養機能食品や特定保健食品として、製品に表示できることになっています。特定保健用食品は、使い方によって更にいくつかのグループに分けられます。コレステロールに焦点を置くものや、お腹の調子が良くない人のためのものがあります。大きく分けて8つの分野に分類されているようです。オリゴ糖や食物繊維など、医学的に効果があると認められた成分が配合されているものが特定保健用食品と認められます。特定保健用食品とは、膨大な種類の健康食品から政府認定の信用度の高いものを見抜くためのマークです。もちろん安全性も確認されているので、特定保健用食品ぜひ積極的に普段の生活にも取り入れ、健康の増進に役立てていきたいものですね。

栄養剤の注意

薬品と栄養剤は別ものです。とはいえ、栄養剤は栄養補給に役に立つものです。飲む栄養剤ではなく栄養剤を飲む時は、ぬるま湯や水で飲むことをおすすめします。栄養剤は、タンニンを含有する飲料と共に摂取するとタンニンに吸着し、体に取り込みにくい状態になってしまうからです。栄養剤の利点を引き出せるような飲み方を心がけてください。お茶以外にも、栄養剤をアルコールやジュース、牛乳などで飲もうとする方もいますが、栄養摂取がうまくいかないこともありますので注意をしてください。1日の使用回数や分量、飲む時間などはそれぞれの栄養剤で違います。容器や包装に書かれている内容を参考に、誤った使い方をしないように気をつけましょう。使用時に当たっての注意点や飲み方が何も書かれていないなら、特に使い方に制約はありませんが、栄養吸収効率がいい空腹時がおすすめです。ですが、例外も存在します。例えば、カフェイン入り栄養剤は胃に負荷がかかることがあるので、胃が強くない人は空腹時は避けた方がいいでしょう。栄養剤は種類もたくさん出ていています。自分の症状に合わせて飲むか、よくわからない場合は薬局などで確認すると良いでしょう。別な薬と栄養剤を一緒に摂ったために頭痛が悪化したという人もいますので、相性問題は無視できないものです。栄養剤は手軽だからといって常用するものではなく、一時的な利用にとどめるほうが賢明です。栄養剤は非常時のみ活用して、食べ物を食べられる状態になったら日常食に戻し、基本的には栄養バランスのとれた食事で体調を維持するようにしましょう。

栄養剤の栄養素

市販の栄養剤には様々なものがあります。多くの栄養剤は、ビタミンやナイアシン、タウリンなどを摂取することができるようです。栄養剤として利用されるビタミンには、よく知られているビタミンC以外にも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などがあります。眼精疲労や腰の筋肉疲労などに効果があるビタミンがビタミンB1です。皮膚や粘膜の病気の予防や肌荒れ、にきびなどにも効果があるビタミンB2も栄養剤によく配合されています。つわりの症状改善など妊娠時に効果があり、免疫力を高め皮膚の炎症に効果的なビタミンB6も栄養剤に使われています。ナイアシンやタウリンなど、疲れからの回復を助ける栄養素は、栄養剤のコマーシャルでよく聞く成分名です。飲酒の習慣が多い人や、肉体労働が多い人、暑さ負けで体力がない人には、タウリンやナイアシンの摂取は効果が期待できます。ビタミン、ナイアシン、タウリン等の成分は、もちろん食べ物で摂取できることが理想です。栄養剤なら、食事から必要な栄養成分が確保しきれない時や、夏バテなどで食事自体が辛いという時に、確実に栄養摂取をすることができます。栄養剤を活用することで、面倒な作業をせず手軽に栄養摂取をすることができます。バランスが良い食事は疲労が溜まっている時ほど体が求めるものですが、かといって疲れ切った体に鞭打って食事の準備をするものでもありません。栄養剤は補助的なものと捉え、忙しい時や疲れている時は簡単にできてお腹にたまるものを食べ、栄養面は栄養剤でフォローするという方法もあります。